0

カテゴリー: Event

「華とモノクローム」のここに注目してほしい

12/31は新譜「華とモノクローム」のリリース日。
忘れてはいけません。
ごきげんよう。六弦A助です。

新譜の制作が終わっても私の請負制作はずっと続いており、年をまたいで作らなければならない楽曲が残すところまだ何十曲とある日々です。
ありがたいですね。
おかげさまで今年は何だか “創作力” が格段にレベルアップしたように思います。
ちょうど夏にリリースした「rein」を制作していた時にそれを実感しました。
ずっと同じことを続けていると、あるとき自分の中でレベルが上がる瞬間が唐突に訪れることがあります。
それが「rein」の制作に入って3曲ほど作り終えた時でした。

あのときはEDMやトラップといわれるジャンルの音楽を好んで聴いていた時期で、それが良い刺激になったように思います。
メタルをやっていて普段メタルしか聴かないという人はいないかと思いますが、まるで畑違いのジャンルへ行くととても新鮮で素晴らしいエナジーがもらえます。
とりわけEDMは音作りの幅の広さが他のジャンルとは異質で、トラップに関しては音楽に現代的なメッセージ性やファッション性を含ませており、かつ両者ともに他のジャンルに馴染ませるととても面白いサウンドが仕上がる可能性をまだまだ秘めています。

私は基本的に「これだけをやっていたい」と思いながら創作の場に居続けることが不可能な性分で、より面白いもの、より素晴らしいものがあるのならそれを求めてしまうのですね。
市場よりも製品ありきの考え方と言いましょうか。いわば職人気質なのでしょうね。
マーケターの方が見たら発狂するかもしれません。
「マーケティングのパラダイムシフトの最初の段階にすら入っていないじゃないか」と(笑

しかしそんな職人気質な思考から生まれたものは、確実にこれまでの六弦アリスのサウンドを一変させるものでした。
「rein」で発見した新しいサウンドの欠片を更に昇華して、“いま” のサウンドにパワーアップし、そして出来上がったのが今回の新譜「華とモノクローム」なのです。

如何でしょう?
この海外アプリの広告コメントのような如何にもお試しを勧めてくるドリブンなコメントも含めてまさに ”いま” なのです(笑
”いま” を表現しているのはこれだけではありません。
歌詞も当然ながら ”いま” 社会で起きているできごとを捉えています。
特にTr.05の your beauty は一見すると恋愛をテーマにしているように思えますが、様々なことにも言い換えられる内容となっておりますので、この辺りも色々と思考を巡らせるなど、思うままに楽しんでいただけたら幸いです。

それでは本日はこの辺りで。
次は12/31に開催予定のコミックマーケットへ搬入する作品群のお品書きをお届けに参ります。

クリスマス限定楽曲の再配信

一部の方、お待たせを致しました。
昨年クリスマス期間限定で配信した楽曲「under the snow」の再配信が決定しました。

ごきげんよう。六弦A助です。

配信期間は12/11 (水) ~ 12/25 (水) のクリスマス当日夜までとなっております。
前回DLし損ねた方は是非この機会に如何でしょう?
詳細案内ページへ
ちなみに今年のクリスマスに関しては、新楽曲の配信予定はございません。
持てる気力は全て大晦日にリリース予定の新譜に注ぎ込みました。

 

話は変わりまして、先日の新譜用ジャケ撮影の際に櫻井アンナ氏と 「プライドとは何か?」 という話題になりまして。
例えば、あなたはプライドを持ち合わせていますか? と問われると、おそらく多くの方が 「Yes」 と即答されることでしょう。
ではそのプライドが 「客観的にみて正しいか正しくないか」 と問われると、ふと考え込んでしまうのではないかと思います。

そもそもプライドなんて個人的な内面の問題ですので、何が正しくて何が正しくないかという議論自体がナンセンスではないかとも思えるのですが、この問いの侮れないところは、あながちナンセンスだとも言い切れないところです。

本題に入りましょう。
私は、プライドには2種類あるのではないかと考えています。
ひとつは自分に課された障害に負けたくないという内発的なプライド。そしてもうひとつは第三者からの見られ方に関するもの。つまり、バカにされたくない、見下されたくないといった外発的なものです。

前者は辛いと思う自分に打ち勝とうとしたり、自分で定めた目標を最後まで諦めず達成しようとするもの。(内発的プライド)
後者は前述の通り、とにかく恥や外聞を意識したもの。(外発的プライド)

以上を分かりやすくグラフにしたものがこちらです。

線Aは、だいたいどちらも平均的に持ち合わせている状態。
ですので、グラフはちょうど45度線となります。

★印が付いた点は、私が思う理想的な状態です。内発的なプライドが多くを占めており、かつ競争意識もある。でもあくまで水準程度。
これが水準以上になると、他人を意識し過ぎて自分の本来の目標達成が疎かになります。
×印の点については、最もダメダメな状態。内発的なプライドは一切無く、いわゆる意識だけが高い状態です。

プライドというのは、簡単にいうと「自分が信じて誇りにしているもの」です。
それは誰かから与えられるものではなく、自分の内面から発せられるもの、つまり内発的なものなのです。
ですので恥や外聞が先行して自らの行動を決めてしまうのだとすれば、それは悪いプライドの持ち方と言えるでしょう。

ちなみに櫻井アンナ氏は★印の更に左側の状態。
ほとんど内発的プライドしかない状態でした。競争意識がほとんどなく、趣味もすべて自己完結で充分満足なのだとか。
私の本音としては、もっと競争意識をバリバリ持ってくださいと思わなくもないですが。
まあ言って変わるものでもありません。こればかりは。

そして私、六弦A助は線Aのやや左側を行ったり来たりしているのではないかなと自己分析しました。
私は基本的に誰かにバカにされたり見下されたりするのはまるで平気なのですが、誰がいちばん凄いの創るか競争しようぜ! といった脳筋実力至上主義な考え方に偏っています。
これがなかなか治りません。昔からずっとこうなのです。

それにしてもクリスマス楽曲の再配信の話題から随分と無関係な話題へと移ってしまいましたが、とりあえずここ最近感じたことの備忘録でした。

あなたはどの点に該当しましたか?

Halloween限定楽曲盛況御礼

掲題の通り、「Terror of Parade」が大変皆様にご好評を頂きまして、大盛況のうちにイベントを終えることができました。
変わらぬご愛顧をいつもありがとうございます。

皆様ごきげんよう。六弦A助です。
11月に入りましたので、そろそろ冬の作品の制作に着手しようと思います。
冬はですね、意外に思われるかも知れませんが六弦アリスとしてはこれまで一度もやって来なかったテーマ、「GOTH」で制作に臨む予定です。

とは言え、ただGOTHを表現するだけでは何も新しくも面白くもありませんので、そこにアジアを掛け合わせて極東の美とデカダンスを高次元でスタイリッシュに表現しようと思っております。
既にコンセプトも固まっており、ジャケットなどのデザイン案も出し終えており、あとは実際に作ってみるだけというところまで来ております。
これまでで最も美しい作品となるよう、気合い充分で臨みたいと思います。

本日はこの辺りで。
いつもありがとうございます。

最近の六弦A助の毎日

先日19日より配信がスタートしましたハロウィン期間限定楽曲「Terror of Parade」ですが、現時点でとても多くの方にダウンロードして頂いておりまして、誠にありがとうございます。
そして毎度BOOTH、BANDCAMPにてBOOST購入される方へも重ねてありがとうございます。
以降の作品で還元できればと考えております。

配信期間は今月末までですので、現時点でご購入予定の方はご留意くださいますようお願いします。

ということで皆様ごきげんよう。
六弦A助です。

最近は連日連夜、何かしらの制作や収録に追われております。
そんな中、作業の合間を縫って少しずつ色々な勉強をしたりしております。
今やっている内容はこちらですね。

労働基準法です。
こちら、実体験として予め知っている知識が多かったのですが、知らないところは徹底的に知らなかったので「へぇ~」とか言いながら勉強しています。
あと、経験から来る知識だけではなく、体系的に知っておいた方が良い場合もありますので、知っているところも併せて理解を深めております。

そして勉強といえば音楽の勉強も勿論、怠っているわけではありません。
まあ、音楽の勉強というよりも “センスを磨いている” という表現の方がしっくり来るかも知れません。
ですので、最近はできる限り世界最新の音楽の動向を追うようにしています。

音楽は10年前と比べると随分と様変わりしていて、そもそもの水準が飛躍的に上がっているという印象を受けました。
発想にしても、技術にしても、全てにおいてセンスが求められているように感じます。

特に「派手な音の中にある自然な空間」が意識されている気がしました。
とにかくナチュラルなのですね。
この辺りのナチュラルさについては10年以上前から取り組まれていたのですが、当時はまだ「ナチュラルな空間を人工的に産み出す」というレベルだったのです。
しかし昨今のものは、よりナチュラルで、包み込まれるような、より体験に近いサウンドになっているように思います。

ここでいったい何が起きているのかを更に深く分析して行くと、ひとつの仮説が浮かび上がって来ました。

自然な空間の中に、人工的なモチーフ(声や音)が存在しており、それにより一気に空間が支配されたと思ったらまた自然な空間に戻される、という現象が一曲の中で起きているのです。

つまり、あなたが家を出ていつもの道を歩いていたら突然別の世界に引き込まれるという不思議な現象が起きて、「何事か?」と思ってジタバタしていたら、何事も無かったかのようにいつもの道へ戻されて「さっきのはいったい何だったんだろう?」というようなイメージです。

ここで注意しなければいけないのは、「別の世界」を表現する為にファンタジックな音(直接的な表現)を使っているわけではない、という点です。
あくまで分かりやすい世界観をいっさい構築せずに、「別の世界」を表現しているのです。
例えば極端な例になりますが「民族楽器を一切使わずにケルト音楽を表現してください」といったことをやっている、とイメージして頂ければ分かりやすいかなと。

具体的な例を挙げると、私たちの楽曲で申し訳ありませんが、今回配信したハロウィン楽曲「Terror of Parade」がまさにこの仮説を元に作った楽曲なのです。
ご購入頂いた方はもう一度聴いてみて頂ければと思います。
ハロウィンを彷彿とさせる直接的な音色は一切使用されておりません。
一切使用しないという縛りの中で如何にハロウィンらしさを表現するか。
ここが昨今の音楽が突き詰めようとしているものの一つなのではないかと思うのです。

邦楽でもここ最近のアーティストはとてもレベルが高いです。
なぜレベルが高いかと言うと、明らかに上記の仮説の上に表現を構築しているからです。
ナチュラルな空間の中にナチュラルな音と加工された音が混在し、直接的な表現は一切せず(ここ重要)にリスナーに世界を体験させている。

こんな芸大の受験みたいなテーマを当たり前のように押し付けてくる世界基準なのです。
挑みたくなるでしょうが。