0

六弦アリス [Rokugen Alice]

Epic Music Project from JP

【まとめ】最近の出来事

こんにちは。
ストイックな創作の日々、六弦A助です。

制作期間に入ると、我がサークルは誰もまともに自サークルの宣伝をしなくなるので、切実に宣伝担当のお手伝いさんを渇望しております。
物事を主観や経験ではなく統計的に考えるタイプの方、是非お願いします。是非。

さて、ここ数ヶ月ほど何かと私たちは精力的に多角的な活動をしておりましたが、事前宣伝もほとんどないまま活動を進めていたこともあり、全てを追えきれていない方もおられるのではと思います。
ということで、ここ数ヶ月の間に私たちがいったい何をしていたのかを一覧にしてまとめてみました。
まずはご覧ください。

時期 イベント 詳細
8月 作品のリリース 疾走楽曲のみを集めた「Virtue & Vice」、バラードのみを集めた「Tears & Epics」のリリース。
9月 楽曲配信の開始 BANDCAMPにて「Virtue&Vice」「Tears&Epics」の配信を開始。
BOOTHにて「Virtue&Vice」「Tears&Epics」「BLOOD OF SORROW」の3作品の取り扱いを開始。
「櫻井アンナ制作 本革マウスパッド」の取り扱いを開始。
10月 Halloween企画発足 Halloween限定楽曲「That Strange Night」の期間限定配信を開始。
11月 配信作品のリリース 姉妹名義でもある七幻シュトラーセより、東洋の神秘を表現したチルアウト作品をリリース。

以上のような感じで、主に創作活動をしておりました。
ちなみにHalloween企画と七幻(特に)に関してはほぼ告知ができていない中、多数の方にご購入いただいた事に驚かされました。
感謝します。
次はChristmas企画にまた限定楽曲の配信を予定しておりますので、お楽しみに。
とても冬らしい楽曲に仕上がっておりますよ。

Christmasが過ぎればいよいよ平成最後の冬コミが控えています。
六弦アリスはここでフルアルバムのリリースを予定しておりまして、私たちにしては珍しくヴァイキング・メタルから始まる作品となっております。
勿論、全曲がそうというわけではありませんが、基本的に攻めの楽曲が9割を占めています。
これが平成最後のフルアルバムになるかもしれませんので、悔いの残らない完成度に仕上げたいなと思います。

作品のコンセプトについては以前Twitterでスレッドにしてまとめましたので、興味のある方はそちらをご覧ください。


それではまた次回。

本日より七幻シュトラーセ最新作「Parfum Asiatique」配信開始!!

皆様本日より七幻シュトラーセから新作の配信が始まりました。
タイトルは「Parfum Asiatique」
こちらはしっとりとしたアジアンテイストな楽曲となっております。
「Parfum Asiatique」はApolloにて楽曲を配信開始いたしますが、それ以降もBOOTHでご購入が可能です。


■Apolloの開催期間は11/17~11/18まで

■以降BOOTH 「Alice in the Market 」にて購入可能となっております。


詳しい作品内容は七幻シュトラーセにてご覧下さいませ。
幻想の世界への扉を開いてお待ちしております✨

七幻シュトラーセから新作発表予定!!

皆様こんばんは櫻井アンナです。
今夜は七幻シュトラーセから新作発表のご報告でございます。

六弦アリスではここのところ激しく熱い楽曲を発表して参りましたが、七幻シュトラーセからは、しっとりとしたアジアの風を感じる楽曲の発表を予定しております。


大人な雰囲気の楽曲に仕上がっておりますので、ゆったりとした空間に漂っていたい方にお勧めでございます♪


情報公開は


七幻シュトラーセの新作「Parfum Asiatique」のリリースは
11/17-18開催のApolloで予定しております。

こちらの詳しい情報は明日を予定しておりますので、皆様どうぞ楽しみにお待ちくださいませ✨

それでは皆様今夜はこの辺りで、またブログでお会い致しましょう⭐

なぜ今、北欧神話がテーマなのか

六弦A助です。
近頃フォーク・メタルが個人的にブームです。

早速本題に入りましょう。

最近、北欧神話が元になっているお話に触れましてですね。
北欧メタルは私のルーツのひとつでもあるのですが、その世界観の元になっているであろう北欧神話についてはちゃんと勉強したことがなかったのですね。
そこで、せっかくなので色々と文献などを漁ってみると、これが思っていたよりも文化として、そして芸術としても大変よくできていたのです。
ざっくり言えば神々の気まぐれな日常や戦いを描いた物語ではあるのですが、かつての人々はここに出てくる神々を崇拝し、儀式では生け贄を捧げていたわけです。
とりわけバイキングと呼ばれる人々は戦いと死の神オーディンを信仰していたようです。

ちなみに北欧神話に出てくる神々は、びっくりするくらい人間味に溢れているのですね。
そして性に関してもかなり奔放に描かれています。
私たちが頭に思い浮かべる信仰や神々のイメージからは、かなりかけ離れた存在となっています。

しかしだからこそなのか、人間が生きるうえでとても本質的なメッセージを物語を通して語りかけてきます。
例えば、オーディンは知識を得るために自らの片目を差し出したという逸話があります。
神とはいえ、最初から全知全能だったわけではなく、何かを犠牲にすることでようやく知識を手にするという逸話は、私たち人間にも共通する生き方の本質であると言えるでしょう。
人は都合の良い夢を簡単に描き語ろうとしますが、それを本当に手にしようと思えば、それと同じ重さの代償を払わねばなりません。

北欧神話の神々は、私たち人間にあらゆるメッセージを語りかけてきます。
そしてこのメッセージを現代社会に生きる私たちがより理解し、生活に活かせるようよう、できるだけ分かりやすく音と文章にしたものが今回の最新作となります。

つまりこれは、正統な音哲樂シリーズの最新作なのです。
私たちはいつでも、人が生きるうえで本当に必要な哲学を奏でています。

「Philosophy of Yggdrasil」
平成最後の冬を物語る、最新作です。