0

六弦アリス [Rokugen Alice]

Epic Music Project from JP

ジムから家トレにチェンジ

こんばんは櫻井アンナです。
各地でコロナの変異種感染が広がりつつあるといったニュースが連日報道されていて、不安な日が続きますね😿
これまでは緊急事態宣言が出される度に休会をして、その間だけホームトレーニングに切り替えたりと、手段を変えながら体力作りをしていましたが、どうやら今回の変異種は感染力と致死率が上がっているみたいなので思い切って6月から完全に家トレにチェンジする事にしました。
ただジムも通い続けて丁度2年になるので、走り込んで肺活量アップに努めてきた日々を思うと離れてしまうのがちょっと寂しいんですよね😢
いつ終息するか分からないコロナで、思うように活動できない日々が続きますが、いつか会える日を思って、いつでも歌えるように、家でのトレーニングも頑張りたいと思います。
体力的なトレーニングももちろんですが、こういった時は自らのセンス磨くにも良い時期だと思うので、こちらも重ねて頑張りますね😉

それでは今夜はこの辺でまたブログやSNSでお会いいたしましょう😄

神々の啓示

この春の連休は、室内に人々を閉じ込めるために、日本の神々が嵐や雹を呼び起こしていたのかしらと、首を傾げてしまうぐらい変わりやすいお天気でしたね。

お昼を少し過ぎた頃ベランダから外を眺めていると、一部の空が真っ黒でそこから灰色のモヤが地上に舞い落ちる瞬間を目にしましたし、日が落ち始めると、薄紫色の雷の軌跡が夜空を彩っていました。
これはもう外に出てはいけないといった啓示なのかしらと思って、おとなしく室内で雷ショウを楽しみながら、早速いつものように制作やメンテナンス、春から夏にかけての準備などを進める事にしました。


梅雨に入る前に


本格的な梅雨入りはもう少し先ですが、湿度の高い日が続く前に革小物のメンテナンスをすることにしました。

綺麗に汚れを落とした後レザーオイルをすり込むと、パサついた表面にも艶が戻り、本来の姿を取り戻すのですが、ほんのり深みが増してゆくレザーを見ていると、なんとも言えない満足感があります。
革小物は作るのも楽しいですが、革好きにとってはお手入れも楽しみの内なのかなと思いますね。


春はハーブの成長期


春はハーブも大きく成長する時期なので、ベランダハーブ園で使用する肥料といいますか、中和剤の様な物を作りました。
アルカリ性を好むハーブの為に卵の殻を焼いて石灰の代わりになるようなものを作っていました。(※日本では土壌が酸性に傾きがちなので、石灰質のものを混ぜる事で土壌を中性~アルカリ性に近づける事ができる。)
焼いておくと分解されるのも早くなるそうなので、焼いてから乳鉢で細かくすりつぶしハーブの根元に漉き込みます。


言葉を持たない物や植物


植物も物も人間に聞こえるような言葉でアピールする事は無いのですが、植物は葉色や芽吹き方で私に今の状態を分かりやすく教えてくれますし、革小物もそろそろ「お手入れしておくれよ」と乾いた質感でもって、今の状態を私に伝えてくれます。

ただ人は言葉を持つがゆえに、発言する内容と気持ちが真逆であったりするので、とても分かりにくくそれが原因で関係が拗れてしまうことがあったりしませんか?
「天邪鬼」として具現化までされたこの状況は、憑りつかれてしまうと大変な事になると、昔から知られていたのでしょうね。
人も植物達の様に素直に生きるとこができれば、もっと穏やかに生きる事ができるのではないかしらと、ローズマリー越しに見える雷の光を眺めながら思うのでした。

さて今夜この辺でまたブログやSNSでお会いいたしましょう。

Dark Governance Code

文化芸術の発展に資する作品づくり

文化芸術に対して真正面から向き合うような活動をしていると、そのどこかで必ず社会問題と対峙するような機会が訪れます。
なぜなら文化芸術とは、古来より社会の在り様や思想を表現してきたという歴史があるからです。
絵や音楽、文学や演劇に至るまで、それらすべてが社会に生きる人々の葛藤や思想を描いてきました。
だから文化芸術に多様性が見られるなら、それは人々の考え方や捉え方もまた多様であり、それだけ社会が平和で成熟している証とも言えましょう。

こんにちは。六弦A助です。

先ほども申し上げましたように、文化芸術はその時代を生きる人々の思想や信仰、葛藤などを表現するのが一般的です。
その中でも学術としての側面をできる限り削ぎ落して、相対的に誰もが容易に楽しめるようにしたものがいわゆる娯楽としての文化芸術で、一般に「エンタメ」と呼ばれるものです。
おそらく多くの人にとって最も身近な文化芸術は、この「エンタメ」なのではないかと思われます。


先日、文化庁が実施していた芸術活動に関するアンケート調査に答えてきました。
全部で10問程度だったように思いますが、私はそのアンケート内容を見て思わず考えさせられたのですね。
どの質問にも必ず「文化芸術」というキーワードがあり、かつ文化芸術に対して日々どのような意識でどのような取り組みを行っているのかを問うような質問が頻繁に見受けられました。
つまり、文化庁としては文化芸術を「エンタメ活動」というよりも「アート活動」として捉えている、もしくは芸術家にはそのように捉えて欲しいと考えている、という気持ちの表れなのかもしれません。
どちらにせよ日本の文化芸術の発展に貢献する活動なのか、そうでない活動なのかを案外シビアに見ているのは間違いなさそうです。
文化芸術に関わるものとしては、その活動方針に恥じない作品を生み出さなければなりませんね。

とはいえ我が六弦アリスは、昨年から続くコロナ禍による相次ぐイベントの中止で思うように新譜発表の予定も立てられない状況ではありますが、逆に新譜を出さなかったことで発見できたこともありました。
これまで見過ごしてきたものに目が行き届くようになり、新しいサウンドの方向性も固まって参りました。
そして何より、六弦アリスとしては正しい方向に軌道修正するための十分な時間ができたこと。
これはとても大きなことです。
今後は「ダークなテーマ」による一貫した活動形態へと生まれ変わることでしょう。
これまでもそうではなかったかと?
いえいえ、今後は更に一貫して参ります。

これまでにも何度かお伝えしておりますが、新譜の構想は既にできております。
現在アートワークの調整にやや時間を取られておりますが、コンセプト自体は順調に詰めている最中です。
あとは全体のサウンドと歌詞の表現技法に関する方向性さえ決まれば、いよいよ制作のターンに入ります。
ここからはとても速いです。
これまでにないような体験を生み出すべく、日々基礎研究や応用研究を繰り返しております。
Twitterだけ見ていると大して何もやっていないように思われるかも知れませんが。
今はお伝えできるほどの派手な情報がひとつもないのでお許しを。
そのうちドーンと行きます。

ということで、日本の文化芸術に恥じない作品の完成を目指して頑張っておりますので、今後とも応援の程よろしくお願い申し上げます。

Pink Moonの夜に

昨夜はミニトマトの苗を、月明かりをたよりに植え付けていた櫻井アンナです。
ベランダハーブ園には今まで、野菜を植えた事が無かったのですが、今回は房なりに実るミニトマトを植えてみました。
赤く可愛らしい実を付けるのが今から楽しみです。
ただ少し気になるのはこのベランダで蜂を見かけた事が無いので、受粉してくれるのかちょっと心配で…。

そんな私の心配をよそに、植え付けたミニトマトの苗は月光を浴びながらクスクス笑っているかのように揺れているのでした。

4月の満月は「Pink Moon・桃色月」というのだそうですが、そんな名前を付けられるとピンクの月光を期待してしまいますよね。
(名前の由来はピンクの花が咲くころの満月ということらしいです。)
実際の満月は青白く凛とした美しい輝きを放っていました。

満月の夜に新しく加わったガーデンメイトは、太陽とは違った静謐な光を蓄えて安らぎを得ている様に感じました。
月の光や満ち欠けは人や動物の心にも作用するそうですが、私は昨日の様な月を見ていると、自分自身が透明になるような感覚を覚えます。
これを読んでくれているあなたはいかがですか?

さて今夜はこのくらいで、またブログやSNSでお会いいたしましょう。