六弦A助です。
受験生なので作業時間以外は勉強漬けの毎日です。

それはそうと、私の周りにはフリーランスとして働いている人が多いのですが、皆さん総じてお金の計算や管理が苦手なのですね。
私は目指している資格の関係上、普通の人よりはある程度金融や法務の知識があるので、苦手な方のために少しでもお役に立てればと思い、使えそうな国の助成金や補助金の存在、申請方法などを広めておりました。
ところがほとんどの方が「自分はまだ影響がないからいいや」と言うのです。
それも明らかにコロナの影響下にある舞台関係者や音楽関係者、映像関係者からがほとんどです。
私が話していたのは何も今すぐの影響ではなく、これから先に起きることが予想される影響も含んでいたのですが、その時は「まあ本人が困ってないと言うならそれ以上言っても仕方ない」と引き下がったのですね。

既にここまででお気付きの方がおられるかもしれません。
おそらく彼らは本当に困っていないのではなく、難しいことを考えるのが面倒くさいか、見栄を張って弱さをさらけ出せないほどにプライドが高くなっているかのどちらかでしょう。
両方かもしれません。
プライドが高い人は自らの能力を過信している傾向があり、ひどい人になると努力したら負けくらいに考えている人も実際にいます。
しかしその実、何かに挑戦して失敗したときに本当の自分の能力値を知るのが怖いのでしょう。
例えばこのコロナ禍で芸能関係が厳しいと言われて一年が経過しているにも関わらず、いまだ何かを変えていく風でもなく、頑なにじっとしている人も少なくありません。
おそらく何をすれば良いのかが分からないというのが本音なのだとは思いますが。
あえて辛辣な言い方になりますが、それはきっと彼らの能力値と社会のレベルが既に乖離している状態なのだと思われます。
つまりじっとしている間に社会の方が先に行ってしまっているので、自分が置いて行かれている状態なのです。
やや強い表現なのはお許しを。しかし私の見解ではおそらく事実です。

私は2017年頃、自分が社会に置いて行かれていることに気付いてしまい、一年間病んでおりました。今だから言えることです。
おそらく鬱症状です。
当時は何をしてよいやら何がしたいのかもわからない状況で、何だか地に足のつかない日々でした。
その迷いがもしかしたら当時の活動や作品にも表れていたかもしれません。それでファンを不安にさせてしまったかもしれません。
だから何かを変えなければと仕事以外の時間はひたすら読書や勉強に費やしました。
そんな日々を一年ほど続けると、少しずつですが本来の精神状態に戻って行きました。
そうしてようやく「いま社会で何が起きているのか」という “リアルないま” の理解に追いついたのです。と同時に、不器用ながらも自分がいったい何をしなければならないのかについても少しずつ分かり始めて来ました。

私はいま、中小企業診断士の国家資格取得を目指して勉強をしております。
それはかつて苦しめられた “雑音” に惑わされずにアート活動を続けるためでもあるし、新たに見つかった実現したい長期目標への足掛かりでもあるからです。
このあたりについては前回の記事にも書きました。
もしもアート活動は続けたいが、その理念を様々な “雑音” に邪魔されて道に迷ってしまっている人がいれば、自らの理念を曲げてまで「その活動だけで生きること」にしがみつかないでほしいなと思います。
お金の問題だけなら、選り好みしなければいくらでもやって行く方法はあります。
しかし理念は一度崩してしまうと元の状態に戻すのにとてつもなく時間が掛かりますし、戻すのはほぼ無理ゲーくらいに考えてもいいくらいです。
だからあまり「こうでなければならない」なんて決め付けず、肩の力を抜いて等身大で生きても良いのではないかと思います。
等身大で生きたら実はしょぼいことがバレて周りから見下されるかもしれないなんて思わないでください。
そんなことで悩んでいる時点で心配しなくてもしっかり底辺にいます。これ以上、何を見下されましょうか。

失礼。


偉そうなことを言っていると思われるかもしれませんが、数ある個人的な失敗談のうちのひとつだと思って聞き流していただければ。
どうせ生きていく方法なんて、こだわらなければいくらでもあります。
わざわざ自分に足枷をつける必要なんてないし、わざわざ活動をやめる必要もありません。
すべては生きてこそ。

フリーランス諸氏に捧ぐ


最後にひとつだけ。


確定申告はちゃんとしような。