0

カテゴリー: Asuke Rokugen

Dark Governance Code

文化芸術の発展に資する作品づくり

文化芸術に対して真正面から向き合うような活動をしていると、そのどこかで必ず社会問題と対峙するような機会が訪れます。
なぜなら文化芸術とは、古来より社会の在り様や思想を表現してきたという歴史があるからです。
絵や音楽、文学や演劇に至るまで、それらすべてが社会に生きる人々の葛藤や思想を描いてきました。
だから文化芸術に多様性が見られるなら、それは人々の考え方や捉え方もまた多様であり、それだけ社会が平和で成熟している証とも言えましょう。

こんにちは。六弦A助です。

先ほども申し上げましたように、文化芸術はその時代を生きる人々の思想や信仰、葛藤などを表現するのが一般的です。
その中でも学術としての側面をできる限り削ぎ落して、相対的に誰もが容易に楽しめるようにしたものがいわゆる娯楽としての文化芸術で、一般に「エンタメ」と呼ばれるものです。
おそらく多くの人にとって最も身近な文化芸術は、この「エンタメ」なのではないかと思われます。


先日、文化庁が実施していた芸術活動に関するアンケート調査に答えてきました。
全部で10問程度だったように思いますが、私はそのアンケート内容を見て思わず考えさせられたのですね。
どの質問にも必ず「文化芸術」というキーワードがあり、かつ文化芸術に対して日々どのような意識でどのような取り組みを行っているのかを問うような質問が頻繁に見受けられました。
つまり、文化庁としては文化芸術を「エンタメ活動」というよりも「アート活動」として捉えている、もしくは芸術家にはそのように捉えて欲しいと考えている、という気持ちの表れなのかもしれません。
どちらにせよ日本の文化芸術の発展に貢献する活動なのか、そうでない活動なのかを案外シビアに見ているのは間違いなさそうです。
文化芸術に関わるものとしては、その活動方針に恥じない作品を生み出さなければなりませんね。

とはいえ我が六弦アリスは、昨年から続くコロナ禍による相次ぐイベントの中止で思うように新譜発表の予定も立てられない状況ではありますが、逆に新譜を出さなかったことで発見できたこともありました。
これまで見過ごしてきたものに目が行き届くようになり、新しいサウンドの方向性も固まって参りました。
そして何より、六弦アリスとしては正しい方向に軌道修正するための十分な時間ができたこと。
これはとても大きなことです。
今後は「ダークなテーマ」による一貫した活動形態へと生まれ変わることでしょう。
これまでもそうではなかったかと?
いえいえ、今後は更に一貫して参ります。

これまでにも何度かお伝えしておりますが、新譜の構想は既にできております。
現在アートワークの調整にやや時間を取られておりますが、コンセプト自体は順調に詰めている最中です。
あとは全体のサウンドと歌詞の表現技法に関する方向性さえ決まれば、いよいよ制作のターンに入ります。
ここからはとても速いです。
これまでにないような体験を生み出すべく、日々基礎研究や応用研究を繰り返しております。
Twitterだけ見ていると大して何もやっていないように思われるかも知れませんが。
今はお伝えできるほどの派手な情報がひとつもないのでお許しを。
そのうちドーンと行きます。

ということで、日本の文化芸術に恥じない作品の完成を目指して頑張っておりますので、今後とも応援の程よろしくお願い申し上げます。

黒の申告

六弦A助です。
受験生なので作業時間以外は勉強漬けの毎日です。

それはそうと、私の周りにはフリーランスとして働いている人が多いのですが、皆さん総じてお金の計算や管理が苦手なのですね。
私は目指している資格の関係上、少しは金融や法務の知識があるので、苦手な方のために少しでもお役に立てればと思い、申請可能な国の助成金や補助金の存在、申請方法などをごく身近な方々限定で広めておりました。
ところが意外なことに多くの方が詳しい話を聞こうともせず「自分は影響がないから大丈夫」と言うのです。
彼らは明らかにコロナの影響下にある舞台関係者や音楽関係者、映像関係者です。
不思議に思われるでしょう。
普段はあれこれと包み隠さず活発に意見交換していたはずの方々が、なぜか今回は様子がいつもと違う。
妙に自らの現状を語りたがらないのです。


おそらく彼らは本当に大丈夫なわけではなく、コロナによってあまりに唐突に窮地へと追いやられたものですから、冷静ではいられなくなり、かつそんな打つ手なしの自らへの情けなさなんかも相まって見栄を張ってしまっているのです。
そんなに思いつめる必要なんて、本当はないのですが。
おそらく現状は何をすれば良いのかが分からない、というところでしょうか。
引き続きお節介しています。

何をすればわからないと言えば、、、
私は2017年頃、自分が何だか社会から置いて行かれているように思えて一年間病んでおりました。今だから言えることです。
脈絡なくなぜそのように思うのかと不思議に思われたでしょう。
おそらく鬱症状です。置いて行かれていたのはまあ事実です。
音楽にかまけてばかりで社会で起きている時事問題などはもとより、身の回りで起きているできごとさえ知らないほどには愚鈍でした。
音符は読めるけど経済指標が読めない。そんな感じでした。
で、完全に病んでしまっている状態ですから当時は何をしてよいやら何がしたいのかもわからない状況で、何だか地に足のつかないフワフワとした日々だったのです。
だから何かを変えなければと仕事以外の時間はひたすら勉強に費やしました。
そんな日々を一年ほど続けると、少しずつですが本来の精神状態に戻って行きました。
そうしてようやく不器用ながらも自分がいったい何をしなければならないのか少しずつ見え始めて来ました。

私はいま、中小企業診断士の国家資格取得を目指して勉強をしております。
それはかつて苦しめられた “雑音” に惑わされずにアート活動を続けるためでもあるし、新たに見つかった実現したい長期目標への足掛かりでもあるからです。
このあたりについては前回の記事にも書きました。
もしもアート活動は続けたいが、その理念を様々な “雑音” に邪魔されて道に迷ってしまっている人がいれば、自らの理念を曲げてまで「その活動だけで生きること」にしがみつかないでほしいなと思います。
お金の問題だけなら、選り好みしなければいくらでもやって行く方法はあります。
しかし理念は一度崩してしまうと元の状態に戻すのにとてつもなく時間が掛かりますし、戻すのはほぼ無理くらいに考えてもいいくらいです。
だからあまり「こうでなければならない」なんて決め付けず、肩の力を抜いて等身大で生きても良いのではないかと思います。

どうせ生きていく方法なんて、こだわらなければいくらでもあります。
わざわざ自分に足枷をつける必要なんてないし、わざわざ活動をやめる必要もありません。
すべては生きてこそ。

フリーランス諸氏に捧ぐ


最後にひとつだけ。


確定申告はちゃんとしような。

Create the Art

新譜を一年以上リリースしないことは、これまでの活動のなかで一度もありませんでした。
こんにちは。六弦A助です。

とはいえ、その間まるで何もしていなかったわけでもないのです。
ずっと水面下で新しいサウンドの在り方を模索していました。研究ですね。
おかげさまで最近になってようやくはっきりとした輪郭が見え始めてきました。
これまで通りのペースで新譜をリリースしていたら、おそらく今でも見えなかったのではないかと思われます。
その代わり3タイトルはリリースできていたでしょう。
どちらが良かったかは、まあ、これからお話しする内容を読んでいただいてからとして。


Art
アーティストは常に最新の状態であるべきだと、私は常々考えています。
それこそ例えば2~3年前にリリースした作品と似たようなことをやっているようでは、まるで成長がないと言わざるをえません。
実際、私たちもその問題に何年も苦しめられて来ました。
前回の作品と今回の作品は、いったいどこがどう違うのか。
目に見える違いはあるのか。
それについて作った当事者があれこれ雄弁に語れるのは当たり前として、果たしてそれはファンも同じなのでしょうか。
いや、そうとは限らないでしょう。
「なんだ前作とほとんど同じじゃないか」と思いながらも「まあせっかく買ったわけだし」と自分に言い聞かせてやり過ごす人もいるかもしれません。
他方、前作と同じような作風を求めてこられる人も少なくはありません。
私たちとしてはそれに応えることもできますが、それをやるのは私たちにとっても実に悩ましい問題なのです。
なぜなら、それは活動目的の本質(ビジョン)に抵触するからです。
つまり、「お客さまの求める問題を解決し、その対価をいただく」というその行為は、商売の本質であってアートの本質ではないからです。
アートの本質は、思想から生まれるものです。そして思想とはまさに、ビジョンそのものなのです。
ビジョンなきアートに美しさはありません。
アーティストが本当に生み出さなければならないものは、つまり美しさなのです。
冒頭でも触れましたが、アーティストは常に最新の状態であるべきだと思うのです。

ここで勘違いしていただきたくないのは、私は何も商売としてのアート活動を否定したいわけではないということです。
当然です。私たちも人さまからお金をいただいて活動している以上、商売としての側面があることも認識しています。
しかし活動の根底にあるビジョンそのものも同じ認識かと問われると、それは否定しなければなりません。
なぜなら、私たちはアートを生み出そうとしているからです。

ところが昨年からのコロナ禍による相次ぐイベントの自粛や中止、緊急事態宣言、エンタメ産業のパラダイムシフトなどにより、何だか余計なことを考えるようになりました。
私たちはアートをしているのか、それとも商売をしているのか。
本当はどちらが正しいのか。
今でもときどき判らなくなることがあります。


Science
私はコロナ禍の前年の夏(reinをリリースした頃)くらいから中小企業診断士(中小企業経営者のサポートをする業務)の資格の勉強を始めており、毎日欠かさず継続中なのですが、その過程でいくつか判ってきたことがあります。

例えば私は作品を作る人であって、メンバー専属のマネージャーでもありませんし、プロダクションの社長でもありません。
だから私は経営や商売のことはある程度理解こそすれど、あまり深く考えず、ひたすら良い作品を生み出すことだけを考えていれば良いのです。それで良いのです。
それをどうやって回して成長させて行くかは、また別の人がやれば良いのです。
これを専門的にやる人のことをマネジメント層といいます。
ちなみに中小企業診断士がサポートする対象がこの方々です。私はいま、これを極めようとしているのです。今年の一次試験を目指して毎日頑張っている最中です。

話を戻します。
つまり、それぞれの分野にそれぞれの専門人材が集まっていれば、何だかんだでうまく回るのです。
ビジョンがしっかりと共有できていて、なおかつチーム内に変な人が紛れ込んでさえいなければ。
あとは適材適所です。
変な人(組織に適切でない人)がいないのは、めちゃめちゃ最低条件です。

で、これを一人何役とかで回さなければいけないような状態が続くと、大抵うまく行きません。
なぜならすべてが中途半端になるし、そもそもビジョンを振り返る余裕もなくなるからです。
うまく行っているグループや会社はこのバランスが整っています。
結局マンパワーなのです。本質は。
一人のすごいカリスマがちゃちゃっと片付けて急成長なんてのは、ファンタジーなのです。実際は。実務では。
だから「周りに感謝しよう」なんて当たり前の言葉がそこらじゅうで幅を利かせているのです。

私が言いたいのは、どれだけ立派なビジョンを掲げても、結局それを動かして実行する適切なチームがいなければ何の役にも立たないということです。
で、六弦アリスには作るばかりで経営ができるとか、そんな人材は全くいなかったので、仕方がないから私が経営の勉強を始めたのですが、気が付いたら何だか国家資格の取得にまで手を伸ばしてしまっていた、という経緯です。
初めは資格を取るなんてまるで考えていなくて、ただ何となく必要に駆られて勉強をしていただけだったのです。
アーティストは常に最新の状態であるべきなのです。
ある日とつぜん何かを始めてもいいのです。そこに人生の整合性があるなら。


Craft
ところで昨年のうちに実際に作り始めていた幻の新譜があるのですが、こちらはいったんお蔵入りさせました。
何だかテーマが暗く、このコロナ禍でリリースするには勇気がいります。
代わりに別の作品のプロットが昨日おおよそできたので、こちらで進めております。
久々の新譜です。
楽しみにお待ちいただければと思います。

アーティストが常に最新の状態であるべき理由を作品で示したいと思います。

集団のなかに生きる確かな光

あなたは人生のどこかのタイミングで「一番を目指せ」と言われたことはないだろうか。
例えば学生ならばクラスで一番。部活動だと県大会で一番。社会人ならば今期の営業成績が一番、という具合だ。

昨今、ビジネス界隈の記事などでも「世界で戦えるナンバーワン企業に」「代替不可能な人材に」といった言葉たちが連日頻繁に踊っている。
しかしここで素朴な疑問が生じてくる。
「ナンバーワン」とは、本人より他にライバルがいない状態。つまり言い替えるとそれは「オンリーワン」を意味しているのだ。
実際、クラスの一番は次に校内で一番へ、それをクリアすると次は地域で一番を目指し、やがては全国を目指すことになる。
日本一になるといよいよゴールかと思いきや、次は世界が待っており、そこには信じられないような怪物たちがうようよとひしめいている。
そこで頂点に立たなければナンバーワンとは言えないだろう。
つまり、ナンバーワンとは常にただ一人しか存在しないということだ。
それではそれ以外の人々は「ナンバーワンになれなかったその他大勢」なのかと問われると、決してそうとは言いきれない、というのがこれからお話しする私の考えだ。

まず根本的な疑問として、上記のケースは「誰が」一番になれたのかという、ひとりの人間がナンバーワンになるまでのサクセスストーリーに偏ってしまっていること。
例えばAmazonのCEOジェフ・ベゾス氏が世界一の小売業を築いたことは有名だが、決して彼ひとりでそれを成し得たわけではない。
その裏には彼を支える家族の存在、母校の教師、顧客と社員、Amazonのサプライチェーン(供給網) を支える様々な業種の人々、株主や銀行などの利害関係者、そしてこれまでに一瞬でも関わってきた友人知人たち。
そしてともに戦ってきたライバルたち。
街で偶然すれ違っただけだが、なぜか記憶に残っている人たちも入るだろう。
彼ら全員の力があってこそ、Amazonは世界一の企業になれたのだ。
つまり、ここに挙げたすべての人々が同列にナンバーワンであり、ベゾス氏はその代表に過ぎないのだ。
なぜなら彼らとベゾス氏は同じ世界の中で利害を一致するものとして共生しているからだ。
Amazonにとってベゾス氏は必要不可欠だが、それと同時にAmazonにとって同社を取り巻くすべての人々もまた必要不可欠な存在であり、Amazonが存在し得るこの世界もまた必要不可欠な存在なのだ。
その大きな輪の中で、各々がそれぞれの役割を懸命に果たそうとするならば、それはもう、立派に皆が等しく「代替不可能なナンバーワン人材」と言えるのではないだろうか。
これはひとりの力で一番になることはできないが、狭い範囲で一番の人々が複数集まれば彼らが世界でナンバーワンになることも不可能ではない、ということを示している。
例えば家族の中で一番という、ごく狭い範囲の存在だったとしても、そういった人々が集まれば大きな力になる。
その力はやがて地域で一番となり、日本一になり、世界で戦える集団に成長するかもしれない。
そうなるためにはどうすれば良いのか。

私たちは分かりやすい数字だけで優劣を語りたがるが、本当は誰がどの役割の中でどのように輝いているのかを、もっともっと知らなければならないし、気づいてあげなければならないように思う。

いつか戦いに疲れて戦場を離脱する人々も出てくるだろう。
彼らを努力不足や自己責任と断じるのは簡単だが、ナンバーワン人材はそんな彼らを救えるだけの強さと知恵を備えていて然るべきなのだ。
ゆえにナンバーワンなのだ。
その力は当然、社会のために役立てるべきであるし、それこそが持続可能な社会を築く原動力となる。

思うに社会はおそらく性悪説で成り立っているが、私たちには少なくとも相互扶助の考えがあり、また、利害関係性を理解できるだけの知識も持ち合わせている。
それぞれが何かしらの分野においてナンバーワンの力を持ち寄れば社会は今よりもっと豊かになり、より多くの人々を幸せにできる。
その力はきっと誰もが持ち合わせている。
うまくいかないのは、うまく人々がマッチングできていないだけなのだ。
私の代わりがどこにもいないように、あなたの代わりはどこにもいない。
Aさんが亡くなったからといって、Aさんが戻ってくることはないのだ。
この不確実な時代において、それだけは確かに言えることなのだ。
だから私たちは自分の役割さえ責任を持って全うしていれば、それだけで十分社会に対して価値を示していると言えよう。
その中で自らの価値を高め合い競い合うのは重要なことだが、協力し合うことこそが繁栄のためにはより重要だと言えるだろう。
私たちは個である以前に社会を生きている。
社会に生かされている。そこでは誰もが必ずどこかで繋がっている。
それもまたこの不確実な時代において、確かなことなのだ。

だから何がやりたいかではなく、自分に何ができるのか。
例えそれが小さくとも、誰かのために自分はいったい何をしてあげられるのか。
そういった日々の問い掛けこそが、社会を多様で持続可能なものにするのだろうと思う。
これもまたこの不確実な時代において、確かなことだと私は信じている。