0

カテゴリー: Column

集団のなかに生きる確かな光

あなたは人生のどこかのタイミングで「一番を目指せ」と言われたことはないだろうか。
例えば学生ならばクラスで一番。部活動だと県大会で一番。社会人ならば今期の営業成績が一番、という具合だ。

昨今、ビジネス界隈の記事などでも「世界で戦えるナンバーワン企業に」「代替不可能な人材に」といった言葉たちが連日頻繁に踊っている。
しかしここで素朴な疑問が生じてくる。
「ナンバーワン」とは、本人より他にライバルがいない状態。つまり言い替えるとそれは「オンリーワン」を意味しているのだ。
実際、クラスの一番は次に校内で一番へ、それをクリアすると次は地域で一番を目指し、やがては全国を目指すことになる。
日本一になるといよいよゴールかと思いきや、次は世界が待っており、そこには信じられないような怪物たちがうようよとひしめいている。
そこで頂点に立たなければナンバーワンとは言えないだろう。
つまり、ナンバーワンとは常にただ一人しか存在しないということだ。
それではそれ以外の人々は「ナンバーワンになれなかったその他大勢」なのかと問われると、決してそうとは言いきれない、というのがこれからお話しする私の考えだ。

まず根本的な疑問として、上記のケースは「誰が」一番になれたのかという、ひとりの人間がナンバーワンになるまでのサクセスストーリーに偏ってしまっていること。
例えばAmazonのCEOジェフ・ベゾス氏が世界一の小売業を築いたことは有名だが、決して彼ひとりでそれを成し得たわけではない。
その裏には彼を支える家族の存在、母校の教師、顧客と社員、Amazonのサプライチェーン(供給網) を支える様々な業種の人々、株主や銀行などの利害関係者、そしてこれまでに一瞬でも関わってきた友人知人たち。
そしてともに戦ってきたライバルたち。
街で偶然すれ違っただけだが、なぜか記憶に残っている人たちも入るだろう。
彼ら全員の力があってこそ、Amazonは世界一の企業になれたのだ。
つまり、ここに挙げたすべての人々が同列にナンバーワンであり、ベゾス氏はその代表に過ぎないのだ。
なぜなら彼らとベゾス氏は同じ世界の中で利害を一致するものとして共生しているからだ。
Amazonにとってベゾス氏は必要不可欠だが、それと同時にAmazonにとって同社を取り巻くすべての人々もまた必要不可欠な存在であり、Amazonが存在し得るこの世界もまた必要不可欠な存在なのだ。
その大きな輪の中で、各々がそれぞれの役割を懸命に果たそうとするならば、それはもう、立派に皆が等しく「代替不可能なナンバーワン人材」と言えるのではないだろうか。
これはひとりの力で一番になることはできないが、狭い範囲で一番の人々が複数集まれば彼らが世界でナンバーワンになることも不可能ではない、ということを示している。
例えば家族の中で一番という、ごく狭い範囲の存在だったとしても、そういった人々が集まれば大きな力になる。
その力はやがて地域で一番となり、日本一になり、世界で戦える集団に成長するかもしれない。
そうなるためにはどうすれば良いのか。

私たちは分かりやすい数字だけで優劣を語りたがるが、本当は誰がどの役割の中でどのように輝いているのかを、もっともっと知らなければならないし、気づいてあげなければならないように思う。

いつか戦いに疲れて戦場を離脱する人々も出てくるだろう。
彼らを努力不足や自己責任と断じるのは簡単だが、ナンバーワン人材はそんな彼らを救えるだけの強さと知恵を備えていて然るべきなのだ。
ゆえにナンバーワンなのだ。
その力は当然、社会のために役立てるべきであるし、それこそが持続可能な社会を築く原動力となる。

思うに社会はおそらく性悪説で成り立っているが、私たちには少なくとも相互扶助の考えがあり、また、利害関係性を理解できるだけの知識も持ち合わせている。
それぞれが何かしらの分野においてナンバーワンの力を持ち寄れば社会は今よりもっと豊かになり、より多くの人々を幸せにできる。
その力はきっと誰もが持ち合わせている。
うまくいかないのは、うまく人々がマッチングできていないだけなのだ。
私の代わりがどこにもいないように、あなたの代わりはどこにもいない。
Aさんが亡くなったからといって、Aさんが戻ってくることはないのだ。
この不確実な時代において、それだけは確かに言えることなのだ。
だから私たちは自分の役割さえ責任を持って全うしていれば、それだけで十分社会に対して価値を示していると言えよう。
その中で自らの価値を高め合い競い合うのは重要なことだが、協力し合うことこそが繁栄のためにはより重要だと言えるだろう。
私たちは個である以前に社会を生きている。
社会に生かされている。そこでは誰もが必ずどこかで繋がっている。
それもまたこの不確実な時代において、確かなことなのだ。

だから何がやりたいかではなく、自分に何ができるのか。
例えそれが小さくとも、誰かのために自分はいったい何をしてあげられるのか。
そういった日々の問い掛けこそが、社会を多様で持続可能なものにするのだろうと思う。
これもまたこの不確実な時代において、確かなことだと私は信じている。

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

昨年はコロナウイルス蔓延による世界的な不況から始まった一年でしたが、今年はそんな昨年よりもよい年になればと思う次第です。
私たち六弦アリスも今年は更に飛躍できるよう頑張りますので、お互い前向きにこの不確実な時代を生き抜きましょう。

あなたがいつも私たちを応援してくれるように、私たちもいつもあなたのことを応援しています。
そうした思いをまた、歌詞など作品を通じて伝えて行けたらと思います。

改めまして今年もよろしくお願い申し上げます。

六弦アリス

よい生き方は歴史に学ぶ

最近Prime Videoで久々に三国志のドラマを観ています。
おはようございます。六弦A助です。

三国志Three Kingdoms

こちらの作品ですね。
私は昔から歴史ものが大好きで、実はこのドラマを観るのも何度目かだったりします。

歴史は物語として面白いだけでなく、人を知る学問という側面もあります。
歴史は概ね繰り返されていますが、時代は違えど人の行動や考え方にあまり大きな変化はありません。
つまり、歴史を知れば知るほど人についての理解も自然と深まると言えるのではないでしょうか。
例えば私が三國志から得た教訓のひとつとして、このようなものがあります。

 ひとは自らの傲慢さによって身を滅ぼす 

三国志には魅力ある様々な人物が登場しますが、他人に対して傲慢な態度をとりがちな人物は、みな長生きしていません。
ちなみにここでいう傲慢さとは以下のようなことを指します。

  • 他人に対して礼を欠いている
  • 感謝や謝罪の言葉がすぐに出てこない
  • 人の意見を素直に聞けない
  • 状況ではなく、自らの感情を優先してものごとを考えている
  • 言い訳が多く、失敗をひとのせいにする
  • 実より名を重んじる

などなど。挙げ始めたらきりがありませんが、ひとことで言うなれば自分のことしか頭にない人が該当します。
ではなぜ彼らが自らの傲慢さで身を滅ぼすのかと申しますと、そもそも周りから人がいなくなるからなのです。
時間が経つにつれ、まともな人ほど彼らと距離を置くようになります。
人はひとりで生きているわけではなく、様々なものの恩恵によって生かされています。もちろん目に見えるものばかりではありません。
人は生きている以上、最低限度の生活と身の安全が保障されていれば誰かの役に立ちたいと考えるのが一般的です。そうして人と繋がることで和が生まれ、それが健全な社会を形成していきます。
そのような中で、自分のことしか考えていない人が和を形成し、それを維持して行くのは至難の業と言えるでしょう。
そんな彼らに「少しでも変わるきっかけになれば」と世話を焼くのは間違いなのでしょうか。

何かの本に書かれていました。
人の本質は変わらないので、人は他人を変えることはできない。変えようとするだけ無駄だから放っておけと。

コロナ禍が明けたらジョブ型雇用の波と増税を契機にいよいよ本格的な格差社会が到来しますが、他人の声に素直に耳を傾け、感謝を忘れず、礼節を重んじていれば、ただ生きているだけであらゆることから自然と学ぶことができるので、誰もがこれからも変わらず幸せに生きて行けるでしょう。
そのためにも日ごろから歴史に学ぶ姿勢を忘れず、毎日をよく生きたいものです。

日々の健康を維持しつつ

こんばんは、櫻井アンナです。
外もすっかり涼しくなって秋めいてきましたね。
いま六弦アリスでは新作のもととなる、美術や内容の部分を煮詰めたり集めたりと文化の秋を満喫しています。
今年は例年よりも製作期間にゆとりがあるので、じっくりと仕上げていきたいと思います。

家でじっくり過ごす時間は増えたのですが、外に出る機会が減ってしまっているので、普段よりもジムやストレッチ、有酸素運動でいつでも歌えるよう体力の維持に努めています😄

そういえば先日Twitterで少しお話したのですが、最近お米と小豆を一緒に炊く「小豆ご飯」にはまっていて毎日食べています。

こちらは美容や栄養面でも優れた効果があるのですが、何よりも素朴な味と香りがたまらなくて食欲の秋にも彩を添えてくれています😊
低糖質ダイエットが流行って久しいですが、私は極度な糖質や炭水化物のカットはあまりお勧めしません。
特殊な体作りや病気の治療を目的としない限りはバランス良く食べるのが最も体に良いと考えています。
流行りのダイエットは良い面ばかりをフィーチャーしてネガティブな部分は隠しているように感じてならないのです。
健康的でバランスの良いダイエットを目指すなら、私は糖尿病食が一番向いているのではないのかな~と思うのです。
なぜなら糖尿病食はバランスの取れた食事をとりながら、本来あるべき体重まで落としたり、過剰な糖質の摂取を控え血糖値の上昇を抑えるように組まれた献立だからです。
また食事や運動と共に取り入れてみても面白いなと思うのがツボ療法だったりするのですが、こちらは私の専門外ですので詳しくは書きませんが、東洋医学では医食同源といった言葉もあるようにツボも体の調子を整える役割があるので、連動させると効果は倍増するように思うので、不調があった時にはちょっと試してみたいな~と思っています🙂
そんな感じでそろそろ気温も低くなってくるので、体調管理にも気を付けながらこれからも過ごしていきたいと思います。
それでは今夜はこの辺りで、またブログやSNSでお会い致しましょう😉

追記
小豆ご飯ですが、小豆をそのままお米と炊くだけでは固くて食べられないので、小豆は18時間以上水に漬け吸水させて、一緒に漬けていた水は捨てて下さい。(※体に良くない小豆の酵素抑制物質が溶け出している)
その後は吸水した小豆とお米を一緒に炊いていただければ出来上がりです✨